ネイリスト求人から自分にピッタリな職場を探すコツ

ニーズが高まっている資格

婦人

級と勉強法の選び方

貿易実務検定とは、日本貿易実務検定協会が主催する民間資格です。貿易実務に精通しているかどうかをみる検定試験であり、貿易量の増加に伴いニーズが高まりつつある資格です。貿易実務検定には、A級、B級、C級に分かれています。C級は最も簡単なレベルであり、初歩的な貿易実務の知識があるかを問うものです。合格率も50パーセントから60パーセントと高く、実務未経験者でも比較的取り組みやすいのが特徴です。B級はやや難易度があがり、実務を1年から2年ほど積んだ人が対象となっています。基礎的な知識に加えやや発展した知識とトラブル時の応用力などが問われます。合格率も下がり、独学での合格は難しいかもしれません。A級は最もレベルが高いため、合格率もぐっと低くなります。少し前まで準A級がありましたがA級に取り込まれたため、出題範囲が少し広まっています。実務3年から4年ほどの経験者を対象としており、応用力が必要とされます。級それぞれにはこのような特徴があるため、実務未経験者ならばまずはC級から受験するのがおすすめです。実務経験者ならば、B級くらいから受験してもよいでしょう。過去問を見て、解けそうと思うレベルから選ぶのもおすすめです。民間資格ではありますが、認知度、知名度ともに高く就職や転職、昇進に有利になることが期待できます。勉強法には、独学、通信講座、通学の三種類があります。一人で勉強に集中できるかどうかで勉強法を選ぶとよいでしょう。